今回はMacBook Proのデータ復旧のお話です。

2016年に発売された新型MacBook Proが壊れてしまった方はぜひご一読下さい。

MacBook(2016)は新形態

 

新型Macbook Pro (2016/10)が発売されて、半年ほど経ちました。
MacBook Proは、毎年新型が発売されますが、おおむね4年に一度かたちが大きく変わります。

 

2008年にアルミ削り出しモデルに変わり、2012年にCDやDVDが無くなりました。
そして今回の2016年モデルになり、今までのUSBと充電端子が無くなりました。
こうやって、おおむね4年に一度MacBook Proは形を変えてきています。

壊れたときにデータ復旧できない?

 

今回、いろいろとパワーアップした部分はあるのですが、実はこの新型MacBook Pro、壊れた時にはかなり問題がありまして、ほぼデータを復旧することができないのです。

 

正確に言いますと、復旧できる機種と、できない機種があります。
データ救出できる機種は1機種だけ、「MacBook Pro 13インチ タッチバー無しのモデル」です。
(タッチバーとはキーボードのF1~F10がタッチパネルになっているものです。)
他のタッチバーがあるモデルは13インチ15インチともにデータ復旧が出来ません。

 

これは構造上の問題で、復旧出来ないモデルはデータを保存する部分(SSD)が基板にチップがはんだ付けされているので、取り外すことができないのです。
その点復旧出来るモデルは、分解することによってデータを復旧することができます。

MacBook Pro13インチ(タッチバー無し)は復旧あきらめないで

 

上記の点から、残念ながらほとんどのモデルでは、電源が付かなくなった際にデータ復旧が出来ません。
ただし、タッチバーがないモデルに関しましては、データ復旧が可能です。

 

復旧出来る可能性のある機種

・MacBook Pro 13インチ,2016,タッチバー無し

 

もし、新型MacBook Proが壊れてしまい、データが取り出せなくなってしまった場合は、渋谷パソコン修理ジェット便にご連絡下さい。お急ぎの方、営業時間外も電話が繋がる場合がございます。また郵送でも承っております。

≪ お問い合わせ ≫ 03-6416-3485