ワードエクセルが快適に動くパソコンのメモリとストレージ容量は?

ワードエクセルくらいが快適に動けば・・・
ワードエクセルを快適に

「ワードエクセル(マイクロソフトオフィス)が快適に動く最低限のパソコンの容量はどれくらいですか?」とよく質問をいただきます。そうした質問をいただいた際には、考え方は色々ですが、弊社では「メモリ8GB、SSD256GB」と答えています。

おおざっぱに、メモリはアプリやウインドウを開いておける容量、SSDはデータを保存できる容量です。2018年はSSDが大変安くなりました。これらを満たすパソコンは10万円以内でも購入できると思います。

メモリ4GB、SSD128GBは足りない
メモリ4GB、SSD128GBでは足りない

逆に5万以内ですと、メモリ4GB、SSD128GBなどのパソコンが選択肢としてありますが、これらはあまりオススメできません。

理由は、ワードエクセルを開いただけでも重くなってしまうことや、保存容量の半分ほどがOSやアプリケーションで使われてしまって、実際に保存できる容量が思ったよりも少なくなってしまうからです。

まとめ

新規パソコンを購入の際はメモリ8GB、SSD256GBを要チェックしましょう。ワードエクセルくらいであれば快適に動きます。

2021年2月24日追記

2021年になりました。メモリ8GB、SSD256GBのノートパソコンも5万円台から買えるようになりました。7万円台からはメモリ16GB、SSD512GBのノートパソコンも狙えます。最近はグーグルクロームなどのブラウザがメモリ容量を使用します。ワードエクセル+快適なブラウジングにはメモリ16GB、SSD512GBのパソコンをオススメします。ぜひ色々調べてみてください。

Share your thoughts